日本語(Japanese) 英語(English)

  富山県舞台技術研究会

代表者会長 野口 康博
発足日1979年9月8日
会員数90名(2021年4月)

発足 1979年9月8日、1994年1月11日発展的改組
活動状況 
舞台技術の向上を通して舞台芸術の発展に資することを目的に、県内の演劇・舞踊などの舞台芸術団体の演出家や舞台技術担当者と高校演劇の指導者・ホール関係者・放送関係者で組織されている。舞台照明として発会したが、1994年1月舞台技術関係者全般に範囲を広げ、発展的改組し組織拡充を図った。講習会を毎年開催し、舞台の仕込みを通しての講義が好評を得ている。また県内のホール建設に際して助言を行うとともに、施設見学会等も企画している。「とやま世界こども舞台芸術祭」や「とやま世界こども演劇祭」をはじめ、海外派遣の団体の同行や「とやま舞台芸術祭」「県民ふれあい公演」「県民芸術文化祭」の事業に積極的に協力し研究を重ねている。会員の中には劇場演出空間技術協会・日本照明家協会・日本舞台音響家協会・日本音響家協会・日本舞台美術家協会等の会員も多い。芸術文化による心の豊かさを希求する人々の増大に十分応え得るよう舞台技術の質の向上と振興に発展に寄与すべく、努力を重ねている。