日本語(Japanese) 英語(English)

  富山県造形教育連盟

代表者会長 船木 英明
発足日1949年5月25日
会員数280名(2021年4月)

富山県造形教育連盟は、富山県私立幼稚園・認定こども園協会、小学校教育研究会図画工作科部会、中学校教育研究美術部会、高等学校教育研究会美術部会の会員が中心となり、本県造形教育の一貫性のある発展を目指しその充実を図ることを目的として活動している。主催事業として、『富山県造形教育展』『造形教育シンポジウム』『造形教材研究会』等がある。『造形教育展』は県教育記念館で毎年開催し、県内の幼・認定こども園・小・中・高等学校の児童・生徒の作品を一堂に展示し鑑賞に供する。さらに会期中には『造形教育シンポジウム』を実施し、造形・美術教育に著名な講師を招き、各校種からの提案をもとに意見を交わし、学校教育における造形教育の在り方や子どもの成長発達の過程で創造力の育成を基盤とした造形教育の果たす役割について理解を深めている。また夏には『造形教材研究会』を開催し、いくつかの題材に取り組みながら教材体験を通じて、子どもの意欲を高めるための支援や、「見方・考え方」を深める手立てについて研修を深めている。